CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問
連棟パース(複数棟の建物が並ぶパース)を作成するには?


回答
 

AD-1では、ひとつのプラン(平面)に複数の建物を同時に作図・入力して連棟パースを作成することはできません。
それぞれの建物を別々のプランで入力した上で、外構図で他物件の「3D建物データ」として読み込み配置することで、連棟パースを作成することができます。

「3D建物データ」とは、それぞれの建物の3次元モデルの形状データで、外観パースであらかじめ保存しておくことで、他物件に読み込むことができるようになります。
 
例として、3つの建物(A、B、C)を並べた連棟パースを作成するケースについて、説明します。
■操作概要
 1.A、B、Cのプランをそれぞれ入力・作成する
 2.BとCについて3D建物データを保存する
 3.Aの外構図で、BとCの3D建物データを読み込み配置する
 4.外観パースを作成する(連棟パース)
 

■3D建物データ保存の手順
@ プラン・屋根等を入力し、外観パースを作成
A 外観パースで  (データの保存)をクリック
B 「3次元データ(*.3DD)」形式で保存

[注意]
ファイル名は任意に変更して構いませんが、3D建物として読み込む場合は保存先を変更しないでください。
C プランを保存して終了
B、Cそれぞれのプランで、3D建物データを保存します。
 

■3D建物データ読み込みの手順
@ 3D建物データを読み込むプランを開き、外構図を開く
(この例ではAのプランを開く)
A [ファイル(F)]メニューから「3D建物配置(T)」を選択
B 物件一覧から読み込むプランを選択

[参考]
物件管理を利用している場合と、物件管理スキップを利用している場合で、物件データの保存先が異なります。ご利用の環境にあわせて、読込先フォルダを選択してください。
・物件管理の場合のフォルダ・・・「C:\AD1\CGBK\DATA」
・物件管理スキップの場合のフォルダ・・・「C:\AD1\DATA」 (いずれも初期値)
また、3D建物データが保存されていないプランは、表示されません。
C 選択したプランに含まれる3D建物データファイルを選択し、「OK」をクリック
D 配置基準と配置方法を指定し、「OK」をクリック


[参考]
配置方法で「敷地基準」を選択した場合は、3D建物データに含まれる敷地、外構のデータを一緒に読み込みます。他物件の情報のうち建物形状のみを読み込みたい場合は、「建物基準」か「屋根基準」を選択してください。
E 外構図上に配置
Aの外構図にBとCの3D建物データを読み込み、3棟を並べます。
 
 ※3D建物データは、外構図上で外郭線のみの表示となります。文字は説明のために追記したものです。
 
この状態で、Aの外観パースを作成すると連棟パースになります。
    

 


[注意]
3D建物データを利用するこの方法はパース作成にのみ利用できます。
配置図画像出力や図面出力には、3D建物データは反映しません。
 
 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。