CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問

外壁材や内装材等の部材色を追加したい。


回答
 
3D色定義ツールを利用して、部材色を追加登録できます。 
ここでは、外壁材などの部材色の元になる画像データを取り込み、登録する方法を説明します。
■準備
部材色として利用する画像データを用意します。
利用できる画像の形式は、BMP、JPG、TIFFです。
※部材色に利用する画像データは、メーカーのホームページなどから入手するか、お持ちの画像作成・編集ソフトを利用してご用意ください。
[参考]
用意した画像データは、任意のフォルダにコピーされているものでも利用できますが、別のPCに移すことなどを考慮すると、決まった場所にまとめておくことが望ましいと言えます。 
例えば、AD-1のインストールフォルダ内に「TEXTURE」フォルダがありますので、こちらの中に追加する部材色の画像をコピーし、それを利用すると良いでしょう。
[注意]
部材色として利用できる画像データについて
外壁材や内装材として利用する画像データは、壁面など広い範囲に繰り返し並べて表現されます。
そのため、繰り返し並べたとき目地や模様が揃わないものや、光の当たり方に陰影があるものは部材色として適していません。 
*部材色に適さない画像の例
■登録手順
A.3D色定義ツールを起動する
@ 外観パース(内観パース等)で「部材色変更」を開く
A 「色編集(E)」をクリック 
  
                ↓
   
   *色定義ツールが起動します
 
B.色定義ツールで部材色を追加登録する
@ 部材色を追加する分類を選択し、「編集」をクリック 
  
 *ここでは「オリジナル」を選択しています。

 
 *モード選択が開きます。
A 追加する部材色の名称を入力 
  
 *ここでは〇〇〇〇としています。 
B 色は、リストから「イメージ」を選択 
  
 *ファイル選択のダイアログが表示されます。
 *選択済みの場合は、「編集」をクリックします。(以下の作業でも同様です) 
C 利用する画像データを選択
 
D 反射は、「つや消し」を選択 
  
[注意]
 反射属性を「なし」にしておくと、その部材色に影が表現されませんので、通常は「なし」は
 利用しません。 
E つや消しの設定を確認し「OK」をクリック 
  
 *通常は初期のまま変更する必要はありません。 
F テクスチャマッピングは、「任意平面」を選択 
  
G 任意平面の設定に、登録する部材色のサイズを入力し、「OK」をクリック 
  
[参考]
 利用する画像が表す実際の部材のサイズを確認し、mm単位で入力します。
 例えば、次の画像がこのようなサイズの場合、幅=1820、高さ=455 となります。
  
H 設定後、モード選択の「OK」をクリック 
  
 *名称を変更していることで、保存の確認メッセージが表示されます。
I 「はい」をクリック 
 
J 色定義ツールのダイアログでプレビューを確認
 
 *プレビュー表示にチェックを入れ、描画レベルを「5」にする
K 色定義ツールの「登録」をクリック
 
[注意]
ここで「登録」しないまま終了すると、追加・編集した内容が正しく保存されませんので、必ず「登録」をクリックしてください。
K 「OK」をクリック 
  
 *「部材色変更」の画面に戻ります。
部材色を追加した状態
[参考]
B-@の作業で「オリジナル」の分類に追加した部材色の情報は、部材色選択の「グループ未定義」のフォルダに追加されます。
「オリジナル」以外の分類に追加した部材色は、それぞれのメーカーのフォルダに追加されます。
 
 
 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。