CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問
バルコニーの手摺を横格子のデザインにしたい。


回答
 
バルコニーの手摺を横格子にするには、AD-1のVer.5.0で追加されたプラン図の「スリット」機能を利用します。
「スリット」は、縦格子や横格子の飾りを表現するなど、汎用的に利用できますが、ここではバルコニーの手摺を例に使用方法を紹介します。
[操作手順]
◇バルコニー(スラブ部分)の配置
バルコニーの手摺種類を「箱型」、手摺高さを「50」としてバルコニーを配置
※この時点で、次のような状態になります
◇スリットの設定
(付属品)をクリックしたあと、 (スリット) をクリック。
※ダイアログが表示されます
Aスリットの設定を以下の内容に指定し、「OK」をクリック。
 [スリット]
・「横格子」を選択
・スリット上端高を「1100」
・スリット下端高を「50」
・スリット幅を「70」
・スリット奥行を「50」
・スリット間隔を格子ピッチで「100」
 [笠木]
・「笠木を付ける」にチェック
・笠木幅を「50」
・笠木奥行を「150」
 [支柱]
・「支柱を配置する」にチェック
・「支柱を縦に配置する」を選択
・支柱幅を「50」
・支柱奥行を「50」
・支柱間隔を指定間隔で「910」
 [配置]
・配置基準を「バルコニースラブ上端」

・配置位置を「支柱を芯に合わせる」
※上記設定はあくまで一例です。ダイアログの挿絵の説明を参考に、実際のデザインにあわせて指定してください。
◇バルコニー手摺位置にあわせてスリットを配置
@配置モード「連続配置」をクリック。
A下記のように A→B→C→Dの順にクリックし、Eでダブルクリック。

B最後に、もう一度Eの位置(バルコニーの外部側)をクリック。
※入力が確定します。

 

[完成イメージ]
【参考】
スリットの設定に名前をつけて管理し、あとから登録パターンを呼び出して利用することができます。
詳しい使用方法は、こちらをご覧ください。

スリットの設定を登録する方法について
 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。