CPU(シーピーユー)3DCADシステム「PYTHA(ピュータ)」 PYTHAトップページへ
サイト内検索
 
PYTHAホーム 製品紹介 ギャラリー サポート ダウンロード 資料請求 お問い合わせ
サポート
RadioLab Ver.20新機能
ライト設計
 
光の当たり具合をサーモグラフィー表示でビジュアル化します。最大 10 段階の等高線表示や 3D 表示で、
視覚的に提案することができます。
 
■設定方法
ライト設計ダイアログを開き、「疑似色表示」にチェックを入れると、右側の図のような表示になります。
 
疑似色タブを開き、対象となる面をクリック(選択)してから、等高線の「適用」をクリックすると、指示した面に等高線が表示されます。
天井・左側奥の壁・床に等高線を表示させています
疑似色タブ、等高線にある「3D-グラフ」のスライダーバーを変化させると、指定した面の光の当たり具合によって、立体表示されます。
左側奥の壁を 3D 表示しています
 
RadioLab Ver.20新機能のトップページへ
 
 
 
   
 
オンラインでデモ依頼 テクニカル受付窓口
 
 
PYTHAトップページへ