CPU(シーピーユー)3DCADシステム「PYTHA(ピュータ)」 PYTHAトップページへ
サイト内検索
 
PYTHAホーム 製品紹介 ギャラリー サポート ダウンロード 資料請求 お問い合わせ
サポート
 
RadioLab Ver.20新機能
レリーフ機能(浮き彫り機能)
 
テクスチャの陰影情報に基づいて複雑な面を生成します。バンプテクスチャと異なり、ポリゴンが生成されます。不規則なオブジェクトのテクスチャを用いて複雑な形状のオブジェクトを作成することができ、シーンに適した表現が可能です。バンプマッピングでもテクスチャ(バンプテクスチャ)の陰影を凹凸に見せていますが、あくまでそのように見せているだけです。レリーフ機能を使うと、実際に面を凹凸に変形させますので、よりリアルな表現となります。
 
■設定方法
レリーフを作成する方法は、「基本パーツ作成」から行う方法と、「選択した面のテクスチャから直接作成」する方法、2通りあります。
【方法 1】 新規でレリーフを作成する場合
@ ツールダイアログから、パーツタブを開きます。
A 基本パーツ作成で「レリーフ」を選び、作成をクリックします。
B レリーフ作成の元となるテクスチャを選択し、
解像度やサイズを指定して OK をクリックします。
【方法 2】 選択したテクスチャで直接作成する場合
@ ツールダイアログから、パーツタブを開きます。
A レリーフを作成する面を選択して、右図の
「再作成」ボタンをクリックします。
 
RadioLab Ver.20新機能のトップページへ
 
 
 
 
 
 
オンラインでデモ依頼 テクニカル受付窓口
 
 
PYTHAトップページへ