CPU(シーピーユー)3DCADシステム「PYTHA(ピュータ)」 PYTHAトップページへ
サイト内検索
 
PYTHAホーム 製品紹介 ギャラリー サポート ダウンロード 資料請求 お問い合わせ
サポート
RadioLab Ver.20新機能
リアルタイムシェード
各光源に対し、影の表現をリアルタイムに表示することができます。ムービーに書き出さなくても、シーンの中で影の計算ができます。通常オブジェクトの移動により影の形状が変わる際は、面の「再計算」を実行する必要がありますが、リアルタイムシェードにより、オブジェクトの移動による影の変化が、リアルタイムで実行されるようになります。リアルタイムシェードを実行するには、光源設定で「リアルタイムシャドウ」にチェックを入れて適用します。
 
■設定方法
リアルタイムシャドウを表現させたい光源の設定を開き、ダイアログの「リアルタイムシャドウ」にチェックを入れます。
※点光源・スポット光源 ※空の光(自然光)
[注意]
シーンの中に影の影響を受ける面が多数あると処理に非常に時間がかかるため、要素数の多いシーンでは使用できません。(大変動きが遅くなります)
 
RadioLab Ver.20新機能のトップページへ
 
 
 
 
 
オンラインでデモ依頼 テクニカル受付窓口
 
 
PYTHAトップページへ