CPU(シーピーユー)3DCADシステム「PYTHA(ピュータ)」 PYTHAトップページへ
サイト内検索
 
PYTHAホーム 製品紹介 ギャラリー サポート ダウンロード 資料請求 お問い合わせ
サポート
RadioLab Ver.20新機能
HDR(ハイダイナミックレンジ)
HDR(ハイダイナミックレンジ)
HDRという新しい概念の光源表現を設定することができます。1つの光源でシーン全体を調節し、様々な設定がスライドバーで簡単に設定することができます。....(続きはこちら)
リアルタイムシェード
リアルタイムシェード
各光源に対し、影の表現をリアルタイムに表示することができます。ムービーに書き出さなくても、シーンの中で影の計算ができます。通常オブジェクトの移動により影の形状が変わる際は....(続きはこちら)
夜 空
夜  空
「空」の表現に、「夜空」が追加され、太陽の表現に続き、月や約 5 万個の星・惑星の表現が可能になりました。緯度・経度情報を合わせた 47 都道府県の地域情報と連動し、リアルタイムで....(続きはこちら)
レリーフ機能(浮き彫り機能)
レリーフ機能(浮き彫り機能)
テクスチャの陰影情報に基づいて複雑な面を生成します。バンプテクスチャと異なり、ポリゴンが生成されます。不規則なオブジェクトのテクスチャを用いて複雑な形状のオブジェクトを作成....(続きはこちら)
ライト設計
ライト設計
光の当たり具合をサーモグラフィー表示でビジュアル化します。最大 10 段階の等高線表示や 3D 表示で、 視覚的に提案することができます。....(続きはこちら)
ゴボ(Gobo)
ゴボ(Gobo)
ゴボとは、照明技術の一つで、光源を透過させることにより描かれているサイン・マークが投影されることです。スポットライトにテクスチャを設定することで、投影したいものを自由に....(続きはこちら)
マルチテクスチャ
マルチテクスチャ
1つの面に対し、同時に4つのテクスチャを自由に貼れます。
レイヤのモードは3種類(変調・置換・追加)あり、部分的なテクスチャの移動や汚れやダスト等、より細かい設定が....(続きはこちら)

Quick Time エクスポート
Quick Time エクスポート
シーンまたはオブジェクトを中心にパノラマムービーを作成できます。QuickTime(mov 形式)ムービーとして使用できますので、VR パノラマによる閲覧ビュアをお客様に...(続きはこちら)
マルチスレッド対応
マルチスレッド対応
光源計算においてマルチスレッド処理に対応し、複数の光源計算を同時に行うことで、高速に処理できます。マルチコア CPU(Core2Duo、Core i5、Core i7 )など....(続きはこちら)
鏡面作成操作の改善
鏡面作成操作の改善
キーボードの[S]キーを押しながら、対象の面をクリックすることで、鏡面を作成することができます。 これまでの「表示モード」ダイアログから鏡面を作成する手順に比べて、非常に....(続きはこちら)
簡単操作パネル
簡単操作パネル
前景ダイアログで操作パネルを表示させると、ウォークスルーの操作をマウスではなく操作パネルで行うことができます。....(続きはこちら)
 
 
 
オンラインでデモ依頼 テクニカル受付窓口
 
 
PYTHAトップページへ