CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
CPU(シーピーユー)|テンプレート型ウェブサイト作成ツール「ホームページファクトリー」
「ホームページファクトリー」利用規約
第1条(総則)
本規約は、株式会社シーピーユー(以下「当社」という)と、ホームページファクトリー(以下「本サービス」という)の利用者との間の、本サービス利用に関わる一切の関係に適用します。
 
第2条(本サービスの利用)
本サービスは、「ホームページファクトリー利用規約」(以下「本規約」という)を遵守することに同意した方に限り、ご利用いただけます。
 
第3条(権利譲渡等の禁止)
利用者は、本サービス利用に関わる一切の権利について第三者に譲渡、貸与、売買又は名義変更をすることはできません。
 
第4条(個人情報の管理)
当社は、本サービスの提供にあたり当社が取得する個人情報については、当社のホームページに公表しているプライバシーステートメントに従い取り扱うものとします。
 
第5条 (ユーザーID等)
1. 当社は、利用者の本サービスへの加入承諾後、利用者に対して本サービスを利用するためのユーザーIDおよびパスワード(以下、「ユーザーID等」といいます。)を付与します。
2. 当社は、当社が必要と認める場合を除き、一旦利用者に付与したユーザーID等の再発行および変更は行わないものとします。
3. 利用者は、ユーザーID等の使用および管理について責任を負うものとし、使用上の過誤または第三者による不正利用について、当社は一切その責任を負わないものとします。
4. 利用者は、ユーザーID等が第三者により不正利用がなされたことを発見した場合、当社へ速やかに通知するものとし、当社からの指示がある場合はこれに従うものとします。
 
第6条(利用料金)
1. 利用者の本サービス利用に係る料金の詳細については、本サービスのウェブサイト又は他の書面で当社が別途提示する通りとします。
2. 利用者は、本サービス利用開始月から利用停止月までの期間の利用料金を、当社指定の決済方法により当社へ支払うものとします。
3. 当社が利用者より受領した利用料金は、理由の如何を問わず返金されないものとします。また、本サービスの提供が中断・制限・廃止された場合や、利用停止・契約の解除等により利用可能期間満了前に本サービスを利用できなくなった場合でも、当社が利用者より受領した利用料金は返金されないものとします。尚、利用料金を月割で口座振替される利用者が途中解約される場合でも契約期間満了月まで口座振替は継続されるものとします。
4. 周囲の状況または経済情勢の著しい変更により利用料金が不適当と認めるときは、当社はこれを変更できるものとします。
 
第7条 (契約期間等)
1. 本サービスの契約期間は、利用開始月より1年間の年次契約とします。
2. 当社は利用者から本サービスのウェブサイトに提示する所定の手続きにより利用停止(解約)の通知がない場合、契約は自動的に継続(自動更新)するものとします。
3. ご利用を停止(解約)される場合、当社がウェブサイト内又は他の書面で別途提示する期日までに、当社までご通知ください。その場合、すでにお支払い済みの料金等の払い戻しや日割り計算はいたしません。
4. 当社は、少なくとも1ヶ月間の通知期間をもって、利用者との本サービスの利用契約を一方的に、理由の明示なく解除することができるものとします。このような場合、当社は利用者がすでに支払った料金の残存期間相当分に対しても払い戻しはしないものとします。
5. 当社は、利用者が契約上の義務を怠った場合、予告なしに契約を解除することができます。さらに、契約義務違反は民事、刑事訴訟となることがあります。そのような場合、利用者がすでに支払った料金の残存期間相当分の払い戻しは行いません。
6. 当社は利用者が利用料金の支払を怠った場合、当該利用者に対して事前に通知を行い、本サービスの利用を禁止し、本サービスの契約を解除することができるものとします。なお、この場合において、当社は利用者のドメインを廃止する権利を有するものとします。ただし、緊急時等やむを得ない事由がある場合はこの限りではありません。
7. 当社は、利用者の本サービスの利用終了にあたり、契約上同意されたサービスを実行する義務はなくなるものとします。それに伴い、当社は、サーバー上にある当該利用者の、メールボックス内のEメールを含むすべての情報を削除できるものとします。
8. 利用者は本サービスに関連する情報を第三者のサーバーへの転送することはできないものとします。従って、利用者自らの責任において、データのバックアップや、保管をしておくものとします。当社は利用者の本サービスの利用終了にあたって、新しいプロバイダーに移管されていない利用者のドメインを、ドメインレジストリに削除依頼することがあります。
 
第8条(著作権)
1. 利用者は、本サービスの利用にあたり、当社及び他の利用者を含む第三者の著作物を使用するにあたっては、著作権法等の関連法規の定める事項を厳守して適正にこれを使用するものとします。
2. 本サービスで提供される素材(ホームページ作成にあたり、当社が利用者に提供するすべての素材)の著作権は、当社に帰属します。それ以外に利用者が本サービスを利用して作成するコンテンツに含まれる著作物の著作権は、その著作物を作成した利用者に基本的に帰属します。
3. 利用者が本条に違反して、第三者の著作物を違法に使用(公表並びに複製、変更、翻案又は翻訳等)して、第三者の権利を侵害した場合、その責任は利用者自身に帰属し、当社は一切の責任を負わないものとします。
 
第9条(禁止行為)
利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の行為を行ってはならないものとします。以下の禁止行為を行った場合は予告なく利用を停止するとともに、禁止行為に基づき当社または第三者が損害を被った場合は、当該利用者はこれを賠償するものとします。
1. 他人の知的財産権(特許権、実用新案、著作権、意匠権、商標権等)その他の権利を侵害する行為又は侵害する恐れのある行為
2. 他人の財産、プライバシー若しくは肖像権を侵害する行為又は侵害する恐れのある行為
3. 他人を誹謗中傷し、又はその名誉若しくは信用を毀損する行為
4. 詐欺、業務妨害等の犯罪行為又はこれを誘発する若しくは扇動する行為
5. わいせつ、児童ポルノ若しくは児童虐待にあたる画像若しくは文書等を送信し、又は掲載する行為
6. 無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、又はこれを勧誘する行為
7. 本サービスにより利用しうる情報を改竄し、又は消去する行為
8. 他人に成りすまして本サービスを利用する行為(偽造するためにメールヘッダ等の部分に細工を行う行為を含みます)
9. 有害なコンピュータプログラム等を送信し、又は他人が受信可能な状態のまま放置する行為
10. 本人の同意を得ること無く不特定多数の者に対し、商業的宣伝若しくは勧誘の電子メールを送信する行為
11. 本人の同意を得ること無く、他人が嫌悪感を抱く又はその恐れのある電子メールを送信する行為
12. 当社若しくは他人の電気通信設備の利用若しくは運営に支障を与える、又は与える恐れのある行為
13. その行為が前各項目のいずれかに該当することを知りつつ、その行為を助長する対応でリンクをはる行為
14. 公序良俗に違反し、又は他人の権利を著しく侵害すると当社が判断する行為
15. その他、当社が不適切と判断する行為
 
第10条(ホームページの監視、削除等)
当社は、必要に応じて、利用者への告知なしに、利用者の作成したホームページの監視、削除等を行うことができるものとし、当社はかかる監視・削除等について利用者及び第三者に対して一切の責任を免除されるものとします。また、利用者は、当社の行ったホームページの監視、削除等に対して、一切の異議申し立てをしないものとします。
 
第11条(本サービス停止の中断・制限・廃止)
1. 当社は、本サービスにおいて、以下に該当する場合は、利用者への事前若しくは事後の通知を行なうことなくかつ利用者の承諾を要することなく随時、本サービスの提供の全部又は一部を中断、停止、廃止することができるものとします。また、本サービスの停止又は中断、廃止により発生したいかなる損害についても、当社が一切の責任を負わないものとします。
 
(1) 天災、火災、停電、その他の非常事態により本サービスの提供ができない場合
(2) 本サービスの提供に必要な設備の故障による障害等による場合
(3) 本サービスの提供に必要な設備のメンテナンスを行う場合
(4) その他、当社が本サービスの中断、停止、廃止が必要であると判断した場合
2. 当社は、本サービスにおいて、会員の提供した情報を当社が相応しくないと判断した場合、削除できるものとします。また、当該情報が提供されたことにより発生した損害及びその当該情報の削除により発生したいかなる損害についても、当社は一切の責任を負わないものとします。
 
第12条(システムの更新)
当社は、本サービスの向上を目的として、定期メンテナンス等により本システムの全部又は一部を更新できるものとします。当社は、利用者及び第三者に対してかかる更新に伴って発生したいかなる損害についても、一切の責任を免除されるものとします。
 
第13条(サポート等)
1. 当社は、本サービスの利用に関して、利用者からの質問や問い合わせに対し電話・FAXまたは遠隔操作によるサポートを行うこととします。
2. サポート対応時間は、当社営業日の平日月曜日から金曜日までの午前9時から午後6時までとし、サポート対応時間外については翌営業日対応とします。
3. 当社は、利用者が本サービス利用に際して使用するコンピュータ・通信機器・通信ソフト等に関しては、一切のサポートは行いません。
 
第14条(免責事項)
1. 本サービスの利用に起因して、利用者と第三者との間で紛争が発生した場合には、当該利用者の責任と費用をもって解決するものとし、当社はいかなる責任も負わないものとします。
2. 当社は、利用者の作成したホームページに関して、削除、破損又は保存の失敗について一切の責任を免除されるものとします。
3. 当社は、本サービス及び本サービスを利用することで取得した情報の完全性・正確性・信頼性や、本サービスを利用して掲載された情報を利用又は信用したことによってもたらされる一切の結果について、利用者及び第三者に対しいかなる保証も行いません。
4. 当社は、事前に損害の可能性が当社に通知されていた場合であっても、本サービスを利用した結果又は利用できなかった結果による直接的・間接的な一切の損害に対して責任を免除されるものとします。
5. リンクサイトの内容は、それぞれのリンクサイトの責任で管理されるものであり、当社の管理下にあるものではありません。当社はリンクサイトの内容について、また、それらを利用になったことにより生じたいかなる損害についても当社は一切の責任を負わないものとします。
6. 当社は、当社の故意又は重過失によらない会員登録内容や利用履歴等の情報の漏洩に関して責任を負わないものとします。
7. 当社は、利用者が本サービスの利用により発生したいかなる損害についても、責任を負わないものとします。
8. 当社は、利用者がスクリプトタグの使用により生じたいかなる損害に対しても、賠償等一切の責任を免除されるものとします。
9. 当社は利用者に対し、スクリプトタグの動作保証、使用目的への適合性の保証、使用結果についての的確性や信頼性の保証、第三者の権利侵害及び瑕疵担保義務も含め、いかなる責任も一切負いません。
10. 当社から利用者に提供されるスクリプトタグにかかる情報についても、直接間接を問わず、本条各項の規定が適用されます。
 
第15条 (ドメインの取扱い)
1. 本サービスは、ドメインの提供も含みます。ドメインの取得と維持の目的で、当社は利用者とドメインレジストラとの間で、エージェントとしての役割のみを果たすものとします。これに従って、各々のレジストリの利用規約が、同様に適用されることになります。当社は依頼があれば、利用者にその利用規約を送付します。また、各レジストリからオンラインでアクセスがある場合もあります。
2. 利用者は特に、ドメイン登録の際にドメイン登録者と管理先について正確で完全な情報を提供しなければなりません。技術上の連絡先は常に当社です。登録時の利用規約に関わらず、これらの情報はドメイン所有者の名前、有効な郵便用住所(私書箱や匿名の住所は不可)、有効なEメールアドレスと電話番号を含むものとします。これらの情報に変更があった場合は、利用者は 当社に直ちに変更を伝えなければなりません。
3. ドメイン契約を締結した上で、当社は希望ドメイン申請のために権限あるレジストラに手続きをします。当社は関係機関によるドメインの割り当てに対して、影響を与えられる立場にありません。当社は、希望ドメインが当該ユーザーに割り当てられるかどうか、割り当てられたドメインが第三者の権利を侵害しないものかどうかも保証できず、また、仮に割り当てられ、権利を侵害しないとしてもその状態の存続を保証できません。ドメインの可用性に関して当社より提供される情報はすべて、第三者の情報に基づくものであり、情報が要求された時点にのみ有効とします。当該利用者の名前でのドメイン登録と、レジストラのデータベースへの入力が行われるまでは、ドメインが割り当てられたとはみなされないものとします。
4. 利用者はドメインを申し込む前に、当該ドメインがいかなる第三者の権利も侵害したり、現行法に抵触したりしないことを確認するものとします。利用者はこの責任を果たすことと、その確認中にそのような侵害が行われないことを確約しなければなりません。
5. 利用者は、ドメイン登録者として、レジストリに登録されます。しかしながら、利用者の権利はこのことから影響を受けません。利用者は、この手続きに明確に同意するものとします。
6. 関係レジストラへの登録後は、ドメインの変更に関するいかなる要望も退けられます。それがレジストラにドメインを申請するために必要な期間においては、ドメインがすでに割り当てられた場合を除いて、利用者は別のドメインを選ぶことができます。ただしこれは、移管の際に前のプロバイダーがこの変更を却下した場合には適用とはなりません。このような場合には、当該利用者は、以前のプロバイダーに当該ドメインの解放に必要な手続きを依頼するか、追加料金で 当社を通して更なるドメインの申し込みを行うことになります。利用者によって、あるいはドメイン紛争における拘束力のある決定のために、ある特定のドメインのキャンセルが相当とされた場合でも、利用者は無料で代替のドメインを申し込むことはできません。
7. 本規約と、関連するレジストリの利用規約を前提として、新たなプロバイダーが、対応するトップレベルのドメインを提案し、必要に応じ、そして、技術上の要請に従ってプロバイダーの変更をサポートする場合には、利用者はすべての登録済みドメインを、 当社を通して他のプロバイダーに移管することもあります。本サービスの契約はそのようなプロバイダーの変更には影響を受けることなく維持されることとします。しかしながら、当該利用者はキャンセルの通知を行う必要があります。ドメインに関するすべての申請、例えばドメインの移管、廃止に関しては、所定の手続きにて行わなければなりません。
8. 利用者もしくは新しいプロバイダーが適切な時期に解約手続きを行わなかった、また移管の条件が合わなかった場合に、当社がユーザーの新しいプロバイダーによるプロバイダー変更(ドメイン移管要請)を許可できなければ、当社は、解約されたドメインを、解約日の経過後にドメインレジストリに削除依頼ができることをここで明確にします。当社は、利用者と当該プロバイダとの間の、争う余地のない未解決の事項をすべて解決した場合のみ、ドメイン移管申請を許可することができます。
9. 利用者は、裁決の結果として、登録済みドメインの権利を失った場合は、当社所定の手続きにより、直ちに通知しなければなりません。
 
第16条(損害賠償)
利用者は、本規約に違反し当社に損害を与えた場合は、その損害を賠償するものとします。
 
第17条(改訂)
当社は、利用者への任意の方法による通知をもって本規約を改訂することができるものとします。改訂後も、本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
 
第18条(準拠法及び管轄裁判所)
1. 本規約は、日本法に準拠するものとします。
2. 本サービスに関連して利用者と当社との間で問題が生じた場合には、利用者と当社とで誠意をもって協議するものとします。
3. 問題が協議によって解決できない場合には、金沢地方裁判所を専属管轄裁判所とする裁判によって解決するものとします。
 
2013年3月 5日 改定
2013年5月 8日 改定
2014年4月 10日 改定
 
お問い合わせ・お申し込みはこちらから
 
 
 
 
 
カタログ・資料のご請求
導入や価格のご相談
デモンストレーション(製品実演)のご依頼
 
操作に関するご質問
バージョンアップ等に関するお問い合わせ